健康食品として注目されているアガリクス【その効果とは】

夫婦

がんの新たな治療法

婦人

免疫細胞への働きかけ

アガリクスとは、免疫細胞の活性化を高める効果があると期待されているきのこの一種です。ブラジルにある長寿で有名な村では「神のきのこ」と呼ばれるほど驚くべき力を秘めているといわれていて、アガリクスを摂取することで健康に良い効果がたくさんあることが研究で分かってきました。アガリクスに含まれる多糖体βグルカンという成分が、がん細胞の自滅を誘導することでがん細胞の増殖を抑える効果があるとされています。そして、がん細胞を攻撃する免疫細胞を活性化させることで、がん細胞の排除に働きかけます。また、アガリクスの成分は抗がん剤の副作用の症状を抑えるなど、多面的ながん患者の治療補完として効果が認められています。現在がん治療といえば外科療法や放射線療法、投薬療法が主に行われていますが、アガリクスは今後新たな治療法として期待されています。がん細胞への働きかけから抗がん剤の副作用の軽減までトータルで効果が期待できるアガリクスは、がん患者のQOLを向上させる効果的な治療法といえるでしょう。安全性に関してですが、アガリクスの効果はマウス実験などで安全性が実証された後、ヒトでの臨床実験もきちんと行われているため安心して摂取できます。また、がん細胞への効果以外にも花粉症を始めとするアレルギー症状の緩和など、様々な効果に関して研究が行われています。今後更なる研究によって、どのように活用されていくのか期待が高まっています。